2017年7月3日(火)AMまで、募集延長!

fig_innovation_017

動き始めた街づくりを学び、自らの地元に持ち帰る <連坊・荒浜編>

誰かの地元で勉強して、自分の地元に持ち帰る。

地元をもっと盛り上げたい。
地元をもっと知ってもらいたい。
地元でもっと人の交流が生まれてほしい。

 

地元に対する愛、シビックプライドを持つひとはいつもそんなことを考えています。

 

地元イノベーションクラスは、そういった地域の課題を認識しながら、
時代とともに軽やかに進化する方法論で地元を盛り上げていくデザインの仕方を学ぶクラスです。

 

対象地域で腰を据えてまちづくりのプロジェクトを企画運営してきた人たちの経験を聴く。
実際に対象地域を歩き、街とコミットする新しい手法を学ぶ。
デザインやネットワークの力で地域を変えた“地元イノベーター”の事例を学ぶ。
課題を深掘りし、考え抜くことでイノベーションを起こす。

対象地域の現状を講義やフィールドワークを通して学び、具体的にアクションを起こしながら、
将来的にご自身の地元にも持ち帰れるような思考方法を身につけていきましょう。

今年の対象地域は連坊、荒浜

2016年度は、荒井・中山の2か所を対象とした地元イノベーションクラス。


荒井地区ひかりの散歩みちプロジェクト」「週末一軒家プロジェクト」など
既にまちづくりが進みつつある2つの地域とのコラボレーションで、
市民の手による地域プロジェクトを生み出しました。


2017年度は、連坊・荒浜の2か所が対象地域です。

 

①地下鉄の開業とともに変わった人の流れを掴み、店舗の後継者不足などの課題を

商店街同士の連携等で解決していこうとしている連坊エリア

 

②津波による被災エリアで、これから跡地利活用フェイズに移行する荒浜エリア

 

それぞれの事情を抱えながら、全国の地域とも通じる課題を持つ2つの対象地域で、

課題を超えていくアイデアを深めます。

 

現地フィールドワークにも注目です。

連坊エリアは全国で話題の「手書き地図推進委員会」と一緒に街歩きを行い、
実際に手書き地図をつくってみて、連坊ならではの魅力を再発見します。

 

荒浜エリアは、先日のクラウドファンディング成功のニュースも記憶に新しい
「3.11オモイデツアー WEバージョン」!
荒浜エリアの記憶を呼び起こしながら、まちづくりのアイデアを深めます。

講座の進め方について


このクラスは実際に地域の課題を越えるための地域密着型プロジェクトを生み出すクラスです。
イベント、場、コミュニティなど、企画する内容はチームによりさまざま。
一流の講師や地元キーマンの講義を聴くだけでなく、
毎回ディスカッションの時間を設け、仲間を探し、
自分のアイデアをブラッシュアップしながら具体化していきます。

   
   ◎授業の進め方例 ※平日開催の場合。( )内は土日祝開催の場合です。
   18:30(13:30) 受付開始
   19:00(14:00) 講座開始
                   ・講座(60~90分)
                   ・グループワーク(30~60分)
   20:50(15:50) アンケート記入
   21:00(16:00) 講座終了
   ※終了後、講師を囲んでの懇親会を行うときもあります。

スケジュール

月日 内容(会場) 講師・コメンテーター
入学式 6月24日(土)
14:00~17:00
入学セレモニー&懇親会
(Forest Park 森のパルク)
第1回 7月3日(月)
19:00~21:00
プロジェクトを作るとは
(メディアテーク)
(株)umari
代表 古田 秘馬
第2回 7月19日(水)
19:00~21:00
対象地域の現状把握
(青葉の風テラス)
連坊&荒浜キーマンの
みなさま
第3回 8月1日(火)
19:00~21:00
ストーリーから始まる
地域イノベーション(THE6)
一般社団法人つむぎや
代表 友廣 裕一
第4回 8月27日(日)
※日中を予定
荒浜フィールドワーク
~オモイデツアー× WE
荒浜キーマン
佐藤 正実/庄子 隆弘
第5回 8月30日(水)
19:00~21:00
新たな視点の見つけ方
(メディアテーク)
ジモコロ 編集長
徳谷 柿次郎
第6回 9月2日(土)
9月3日(日)
※日中を予定
連坊フィールドワーク
~手書き地図推進委員会× WE
手書き地図推進委員会
大内 征 × 地元商店街
第7回 9月28日(木)
19:00~21:00
地域への想いを形にする方法
(青葉の風テラス)
(株)umari
代表 古田 秘馬
第8回 10月17日(火)
19:00~21:00
オリジナル企画の具体化
(青葉の風テラス)
WEプロジェクト事務局
氏家 滉一
11月18日(土)
14:00~17:00
アイデア発表会 -WE SPEECH-
Forest Park 森のパルク
第9回 11月30日(木)
19:00~21:00
手を動かした後に見えるもの
(THE6)
七ヶ浜「SEA SAW」
主宰 久保田 靖朗
第10回 1月16日(火)
19:00~21:00
オリジナル企画の具体化
(青葉の風テラス)
WEプロジェクト事務局
氏家 滉一
卒業式 2月24日(土)
14:00~17:00
プロジェクト発表会&卒業式
エル・パーク仙台
(株)umari
代表 古田 秘馬
    • 第1回、第5回は他のクラスとの合同講義です。
    • 第8回・第10回はチームで考えた企画を具体化するディスカッションのみの回となります。

    このクラスを受けるメリット

      • 世界に通用する事例から、仙台の身近な地域まで。地域の課題解決をしている一流の講師からイノベーティブな思考を学び、対象地域ですでに活動を起こしている人たちと連携して立体的に街づくりを学びます。

     

      • 座学だけでなくディスカッションタイムを多く設けており、講師やチューターからのフィードバックを繰り返しながら、アイデアを磨けます。

     

      • 一緒に地域プロジェクトを立ち上げる仲間が見つかります。

     

      • プロジェクトを0から企画・運営する方法を実践的に学べます。

     

      • 仙台の街に、実際にあなたがつくる企画が生まれるよう、WEプロジェクトが支援します。

    あなたの企画を応援する『チューター制度』

    遠方から来仙する講師とあなたの間に立ち、企画を具体的に応援するのが、チューター制度です。
    実際に仙台で地域プロジェクトを興し、今現在も運営を続けている立ち位置の人間が、
    身近な相談役のチューターとして選ばれています。
    講師からの世界を見据えたアドバイスと、仙台の事情を知るチューターのアドバイスを重ねて、
    企画をさらに面白いものにブラッシュアップしていきましょう。

     

    \わたしたちがサポートします!/

    %e3%81%98%e3%82%82%e3%81%b9%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f
    写真左より)
    WEプロジェクト事務局/週末一軒家プロジェクト運営 岩間 友希
    WEプロジェクト 全体統括/(株)都市設計 取締役 氏家滉一
    WEプロジェクト事務局/特定非営利活動法人メディアージ理事 漆田義孝

     

    受講ご希望の方は・・・

    ①受講希望クラス名
    ②名前(ふりがな)
    ③住所
    ④年齢
    ⑤職業または所属団体等
    ⑥講座へ参加する意気込み(200文字程度)
    ⑦メールアドレス
    ⑧電話番号
    ⑨学生の場合は、学生証の写し
    受講生規約を確認後、「受講生規約に同意します」旨のご記入

    以上を明記のうえ、entry@we-sendai.jp まで、お申込をお願いいたします。
    6月20日(火) お申込〆切りとなります。

    ■応募資格:
    「まちづくり」や「地域の活性化」に関心と意欲を持つ方。仙台市在住を問いません。


    ■受講料:
    24,000円(税込)
    ※学生の方は12,000円(税込)

    ■お問い合わせは・・・
    〒980-0803 仙台市青葉区国分町2-8-14 第3太陽ビル8階(株式会社 都市設計内) 
    TEL:022-225-0091  FAX:022-225-0190 
    Eメール:info@we-sendai.jp

    募集チラシを見る