このクラスの募集は終了しました
(2016年度)

メディアを使いこなす「発信」の技を実践で身につける

 

WEB、映像、紙。現代、メディアのフィールドはさまざまに広がっています。

その特性を知り、活かしながら、地域の魅力を発信できる人を育てるクラスです。

座学でそれぞれの媒体のプロフェッショナルから話を聞き、実際に映像やネット放送の機材に触れて、メディアについて学びます。

さらに、WEプロジェクト全体の動きや、WE SCHOOLから生まれるプロジェクトを、取材・発信する実践的なワークも実施。

一人ひとりが発信媒体となり、情報を発信します。

このカリキュラムで学び、地域メディアをつくり出してみませんか?

このクラスを受けると?

  • 各媒体のプロフェッショナルの話を聞き、学べます。
  • WE STUDIOの機材に触れながら、発信のスキルを上げることが出来ます。
  • 移動型WE STUDIOのポータブル機材を無償で貸出。街に飛び出した取材ができます。
  • WEプロジェクト全体の発信に携わり、実践的なワークにトライできます。
  • 全クラス合同講座に出席できるので、プロジェクトメイキングの手法について学ぶこともできます。

受講すると使える機材について

街に飛び出した取材ができるポータブル機材を無償で借りられるほか、INTILAQ東北イノベーションセンターとの連携により、カメラ・照明・ワイヤレスマイク・インターネット放送機材を備えた映像スタジオを受講生特別価格で利用できます(2016年度中)。番組制作や、オリジナルコンテンツ制作に活用ください。

fig_media_02

会場のINTILAQ東北イノベーションセンターについて

カタールフレンド基金の支援を受けて、2016年2月1日、宮城県仙台市若林区卸町において、オープンした施設「INTILAQ東北イノベーションセンター」。

フリーアドレスのコワーキングスペースやブーススペースなどの働く空間に加えて、イベントスペース、クラスルームスペース、撮影・編集、放送スタジオ、キッチン、さらに簡易宿泊スペースまで備えた、総合的なインキュベーションスペースです。 東北地方の地域再生の推進力となるべく、新しい会社を興す起業家だけでなく、小中高生、大学生、企業、生産者、どんな人でも、新しいビジネスの創出に向かってチャレンジする人々を「おこす人」と名づけ,育成および支援を行っています。

スケジュール

月日 タイトル 講師
第1回 7月1日(金)
18:30~20:30
発信するとは? 金井 路子
第2回 7月9日(土)
14:00~16:00
言葉で伝える 野口 あきこ
第3回 7月19日(火)
18:30~20:30
映像は楽しい【エモーショナル編】 高平 大輔
第4回 7月22日(金)
18:30~20:30
映像は楽しい【テクニカル編】 伊東 達夫
特別イベント 7月27日(水)
18:30~20:30
実践取材トライアル(WE会議) 古田 秘馬
第5回 7月30日(土)
14:00~18:00
地域メディアの可能性 金井 路子・新井 一平
  • 第1回~第5回終了後、ワークとして他のクラスを取材可
  • 9月以降、他のクラスとの合同講義「プロジェクトを創る」「住みたい街は自分で創る」「資金調達」全3回を受講可
  • 中間発表・成果発表の場として「メディア編集会議(12月)」「WE会議(3月)」を予定

募集チラシを見る