自発的に街を豊かにする、
街を楽しくする市民プレイヤーを育てる。

【情報更新】WE SCHOOL第3期 7月3日まで申込延長!

%e5%8b%9f%e9%9b%86%e5%bb%b6%e9%95%b7%e7%89%88

速報チラシデータ(PDF)
詳細リーフレットデータ(PDF)


━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
【情報更新】
講師・スタッフの紹介ページを追加しました
6月24日の入学式を「オープンキャンパス」とし、申込前の方の参加を可としました
詳細リーフレットを仙台市内(一部山形県)へ配架いたしました
●申込〆切りを7月3日午前中まで延長いたしました
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

お待たせいたしました。
2017年6月より、<仙台をつくる人をつくる>WE SCHOOL 第3期が開講いたします。

スローガンは、『楽しい街は、楽しくつくれ!』

仙台を本当の意味で市民がつくるまちにするためには、
実際に街で暮らす市民のアイデアと実行力が不可欠です。

 

WE SCHOOLでは、全国的に知名度のあるさまざまな講師を招いた座学だけではなく、
受講生同士でチームを組んで街にアクションを起こす、プロジェクトアウトを目指しています。


特に大切にしているのが、街の課題に対して考え込んでしまって動けない人ではなく、
自らにとって「好き」だったり「楽しい」気持ちを大切に、街に飛び出して行ける人を育てること。

 

各分野それぞれで既に実績をお持ちの著名な講師陣のお話や、
同じ興味を持つ他の受講生との出会いに、
「よし!自分でもやってみよう!」というワクワク感が生まれるはずです。

 

今期は3つのクラスを展開!

仙台の象徴となるような楽しい場をデザインする名人を育てる<JOZENJI場づくり大学クラス>
誰かの地元で勉強して、自分の地元に“楽しい”まちづくりを持ち帰る<地元イノベーションクラス>
イベント運営を実践的に学び、オリジナルイベントを興す<イベントやろうぜ!クラス>
今期は、3つのクラスを展開いたします。

「こうなったら仙台の街をもっと好きになりそう」という想いを、
どのように形にし、アクションしてゆけば、持続する地域型プロジェクトに実を結ぶのか、
年間で10回の講座を通し集中的に考えていただきます。


WEプロジェクトの特徴である一流の講師陣と、
身近な立ち位置で相談しやすいチューターや、スタッフ陣が支えます。
好き・楽しそう、という純粋な気持ちから、興味を惹かれるクラスを選んでみて下さい。

詳しいメンバー紹介へ

 

各クラスのカリキュラム・詳細は・・・

JOZENJI場づくり大学 地元イノベーション イベントやろうぜ!


受講ご希望の方は・・・

①受講希望クラス名
②名前(ふりがな)
③住所
④年齢
⑤職業または所属団体等
⑥講座へ参加する意気込み(200文字程度)
⑦メールアドレス
⑧電話番号
⑨学生の場合は、学生証の写し
受講生規約を確認後、「受講生規約に同意します」旨のご記入

以上を明記のうえ、entry@we-sendai.jp まで、お申込をお願いいたします。
6月20日(火) お申込〆切りとなります。

■応募資格:
「まちづくり」や「地域の活性化」に関心と意欲を持つ方。仙台市在住を問いません。


■受講料:
24,000円(税込)
※学生の方は12,000円(税込)


■お問い合わせ/メディア・取材ご希望は・・・
〒980-0803 仙台市青葉区国分町2-8-14 第3太陽ビル8階(株式会社 都市設計内) 
TEL:022-225-0091  FAX:022-225-0190 
Eメール:info@we-sendai.jp

 

2017年のWEプロジェクトは・・

a

 


WEプロジェクトは、平成26年3月、
地下鉄東西線開業を契機に市民協働のまちづくりを加速させていこう、
という想いから立ち上がったプロジェクトです。

 

街づくりは、アイデアを出すこと。
街づくりは、手を動かすこと
街づくりは、参加した人たちがスターになること

 

WEプロジェクトは、仙台という街をキャンパスに、
仙台で学びながら、遊びながら、アクションを起こしながら
街を楽しくする人たちを育てていくことを目標としています。

 

2017年のWEプロジェクトは、二本柱!
◆WE SCHOOL
◆WE COMMUNITY

WE SCHOOLでは、各クラスそれぞれの切り口で街を面白くデザインするノウハウを学び、
明日から仲間を作り、明日から自分で動き出したくなる市民を育てます。

WE COMMUNITYでは、これまでのWE SCHOOL卒業生やファンを中心に
「街に面白いことを興したい」コミュニティを盛り上げられるよう、
気軽な場で興味あるジャンルの知識を得られる<WE LAB>や、
お声がけのあったメディア・民間などと共に課題解決を目指す<WEコラボレーションPROJECT>、
仲間と共に好きなフィールドを楽しむ<部活動>などを仕掛けていきます。