【イベント情報】ルノワール展@宮城県美術館

2017年1月14日~4月16日、宮城県美術館にて「ルノワール展」が開催されます。

是非みなさまご参加ください。

 

■イベント名

ルノワール展

 

■開催日(期間)

平成29年1月14日(土)~4月16日(日)

休館日:月曜日(3月20日は開館)、3月21日

 

■会場

宮城県美術館

 

■問い合わせ先

電話 022-221-2111 

mail bijutu@pref.miyagi.jp


■備考

 

○観覧料

一般1,500(1,300)円

学生1,300(1,100)円,

小中高校生750(600)円

※( )は前売り券・団体料金(20名以上)

 

○みどころ

本展では、ルノワールが才能と絵画の革命を一気に花咲かせた、いわゆる「第1回印象派展」出品の代表作、《バレリーナ》をはじめ、初期の印象派展時代から、後期の無邪気にたわむれる明るい裸婦像まで、国内外の作品により、ルノワールの魅力をあますところなくご紹介します。

 

○リンク先
【宮城県美術館】http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
【特設HP】http://www.tbc-sendai.co.jp/tc_event/special/renoir2017/index.html

 

2

 

▼常設展として、1月7日~4月23日、「特集:勝平得之と小関きみ子」が開催されています。

 

■イベント名

特集:勝平得之と小関きみ子

 

■開催日(期間)

平成29年1月7日(土)~4月23日(日)
休館日:月曜日(3月21日は開館),3月20日

 

■会場

宮城県美術館

 

■問い合わせ先

電話 022-221-2111

mail bijutu@pref.miyagi.jp

 

■備考
観覧料 一般300(240)円

学生150(120)円

小中高校生無料
※( )は団体料金(20名以上)

 

■みどころ

生涯秋田を拠点とし、秋田の行事や風景を創作版画で表した「勝平得之」、仙台出身で女子美術大学に洗礼を受け、池袋で清貧の生活を送りながら、故郷東北の生活を描いた「小関きみ子」。同時代に東北をテーマに制作し、共に海外で好評を得た二人の作家を紹介致します。

イベントカレンダー

EVENT CALENDER
WE Social Web