【募集終了】10月21日(金) イタリアと東北・宮城の建築における哲学を語るトークショー

2016年10月21日(金)、青葉の風テラスにて

イタリアと東北・宮城の建築における哲学を語るトークショーが開催されます。

 

[主催者より]

▼フェイスブックのイベントページでの紹介です

https://www.facebook.com/events/1405222749492485/

[Lapo Lani×Miyaghese]
イタリアと東北・宮城の建築とデザインの哲学を考えるトークショー
「科学技術時代における人と建築デザインとの関係とは」

 2013年の慶長遣欧使節団出帆400年をきっかけに、宮城×イタリアとの交流・交易を目的としたコミュニティー「Miyaghese(ミヤゲーゼ)」。イタリア・ミラノ在住のメンバーで、日本企業やアーティストのヨーロッパでのプロモーション活動をプロデュースする嶋末みどりさんが、東日本大震災後6回目の宮城訪問をいただきます。

 今回は、みどりさんの旦那さまでもあり、世界を相手に活躍する建築家・Lapo Lani(ラーポ・ラーニ)さんと一緒にいらっしゃることとなり、「イタリアと東北・宮城の建築における哲学」をテーマにトークショーを開く運びとなりました。

 現代の技術優先時代において、人々は機能性や生産性、効率、便利さといった価値のみに意識を向けがちです。 ともすると、こうした習慣的思考は、何が美しくて、何が良いもので、何が正しくて、何が本質的なのかということへの意識を覆い隠してしまいます。

 さまざまなプロジェクトにおいては、人生、愛、痛み、死といった世界の神秘に向き合い配慮しなければ、人間の内面にある本質的なものは決して理解できないことでしょう。技術の進歩というものは、不安や悩みの種を築き上げることしかできないのかもしれません。

 「人とデザインの関係性」をLapo Laniさんと共にフランクにディスカッションしていくことで、これから私たちは何を築き上げていくことが必要なのか、といった答えに近づくきっかけの場としたいと存じます。
皆さま、ぜひお気軽にご参加ください。

 

■と き 2016年10月21日(金)18:30~21:00
     ・Lapo Laniさんによるセミナー
     ・Lapo Laniさんと参加者によるトークショー

■ばしょ 「青葉の風テラス」(仙台市地下鉄東西線「国際センター駅」2階市民交流施設) 

[ゲスト]
 Lapo Lani (ラーポ・ラーニ) さん(Lapo Lani Architetto)
 
[通訳・インタビューアー]
 嶋末 みどり さん(Ubiqua Business Design)

[モデレーター]
 大山 宗之(仙台市WE_SCHOOL市民メディア隊転勤族チーム主宰)

[アンカーマン]
 畠山 茂陽(NPO法人ファイブブリッジ理事長/河北新報社勤務)

■参加費 1,500円(学生1,000円)
※本イベントページへの参加表明を10月18日(火)中の23:59までに参加ボタンを押してエントリーいただいた方は、先行予約特典として500円引きとさせていただきます。

■主 催 Ubiqua Business Design、NPO法人ファイブブリッジ、仙台市WE_SCHOOL市民メディア隊転勤族チーム、MiyagiとMilanoをつなぐロマン使節団「Miyaghese(ミヤゲーゼ)」、広く告げる会  

■問合せ 畠山 茂陽 hatake06@gmail.com
          大山 宗之 muneyukioyama@gmail.com

【Lapo Lani(ラーポ・ラーニ) さん プロフィル】
 1968年、イタリア共和国フォルリ県チェゼーナ生まれ。フィレンツェ大学にて建築学士号を取得し、主席で卒業。建築界の指導者として名高いアンドレア・ブランヅィ氏に抜擢され、同氏の建築事務所の設計責任者として活躍。2000年、ミラノにてラーポ・ラーニ建築事務所(Lapo Lani Architetto)を設立。
 欧米、アジアにおける都市計画、住宅・商業建築に携わるかたわら、世界のコンクールにて実験的な作品を発表(受賞経験多数)、評論家として雑誌に寄稿するなど意欲的に活動中。2003年より、大手電気メーカーである、Bticino社のプロジェクトコンサルタントとして活躍し、ミラノサローネにおける同社のインスタレーションで高い評価を得る。
 さらに、自身の幅広い経験をふまえ、ミラノ工科大学やドムス・アカデミーにて、次世代の育成にも積極的に取り組む。ミラノサローネでは、これまで現代社会に潜む課題に対し数々の展示を発表。2016年度はアンドレア・ブランヅィ氏と原研哉氏監修の「Neo Prehistory - 100verbs」展にて、展示設営ディレクターを務めた。常に新しい視点を模索し、革新し続けている。


※イベントページのトップ画像は、Lapo Laniさん制作の 講演ポスター用のドローイング「Natura morta con limoni 」(レモンのある静物画)。ドローイングは新聞紙にブラックインクで描いたものをCGにて着彩しています。

o1080192013761190344

イベントカレンダー

EVENT CALENDER
WE Social Web