【レポート】メディア劇団「WE ARE THE!」

時代とコミュニティーにマッチした人間を養成し、
仙台・宮城で、街づくりやエンターテイメントで活躍できるように、
タレント力を高めていく集団「WE ARE THE!」。

 

2016 年 7 月より活動をスタートし、現在、劇団員16 名で
TV レポート()や舞台公演に向けた活動をしています。

 

今回は、2017 年 2 月 4 日(土)、5 日(日)に、
加美町小野田西部スポーツ公園(宮城県加美町字上野目薬師堂)で開催した
「第 16 回  宮城県雪合戦大会」の様子を突撃レポートしました。

 

)取材協力:株式会社シークエンス
MMT ミヤギテレビ番組「仙台ノ学園文化祭実行委員会」(毎週日曜日 25:35 より放送)

【メディア劇団「WE ARE THE!」のレポーター3名が突撃してみた。】

%e3%81%82「雪合戦大会」試合に臨むメディア劇団「WE ARE THE!」のメンバーほか9名。

 

雪国を中心に、雪玉を握って投げ合う遊びとして広く親しまれている「雪合戦」。
日本での歴史は古く、平安時代には子どもたちの遊びとして行われていたという記録があるそう。
近年は、世界においても、YUKIGASSEN”の名で世界共通のスポーツとして認知され始めており、
国内でも、「雪合戦」をスポーツ競技として日本全国に普及し、
オリンピックでの正式競技種目にすべく、世界各国への普及を展開しています。

 

今回は、加美町小野田西部スポーツ公園(宮城県加美町字上野目薬師堂)で、
「雪合戦大会」が開催するとの噂を聞きつけ、
メディア劇団「WE ARE THE!」丹野、高谷、越川のメンバー3名が突撃レポートしました。

%ef%bd%93大会会場の加美町小野田西部スポーツ公園(宮城県加美町字上野目薬師堂)


この日の気温は午前9時時点で2度。
雪がちらつく極寒の中、大会に出場する参加者たちが早朝からぞくぞくと集まってきます。

%ef%bd%88「今日は絶対に勝ちましょう!」とフラッグを掲げるチーム監督の丹野 諒祐。
特攻野郎のの字をに間違える。

 

今回は、一般の部、女子の部、ミックスの部、ジュニアの部のうち、一般の部でのエントリー。
監督1名、選手7名、補欠2名の総勢 10 名で大会に臨みます。
本大会の勝者は、2017 年3月4日(土)、5日(日)に開催する
「第4回 日本雪合戦選手権大会」への出場権を獲得できるとのことで、参加者も実力者揃い。

果たして、「特攻野郎WE」チームは無事に1 勝できるのか

%ef%bd%88%ef%bd%88試合前に、あやとりしながら余裕を見せる高谷 直樹。ポジションは先発バックで出場。

 

 

%ef%bd%8b同じく余裕のV(ビクトリー)ポーズを決める越川 直孝。ポジションは先発フォワード。

 

%ef%bd%8c「私も写真撮ってー!いぇーい!」と、白銀の雪の中で記念撮影を楽しむ3人。

 

今回は、メディア劇団「WE ARE THE!」メンバーに加え、助っ人メンバーも参戦しました。

 

%e3%81%8a「全国大会に行きます!」と最高の笑顔を見せるのは、
働く女性を応援するウェブマガジン「仙台情報誌Me」の寺尾 まりえ。

 

%ef%bd%8aいよいよ試合開始。

第1試合目は「雪山インディアンズ」(青チーム)との対戦。両チームが並んで挨拶。
本大会では、1セット3分間の3セットマッチ。1チーム 90 球×3セット。
試合は、(1) 相手チームのフラッグを抜き取る、(2)相手チームを全員アウトにする、
(3)タイムアップ時に残っている人数が多いなどで勝敗が決まる。

 

%e3%81%86

 

「特攻野郎 WE」チームのメンバーたちが、各ポジションにつきます。
試合前に、「あぁ~、特攻してぇ!」と自らを鼓舞した高谷 直樹。
ここで、男気を見せてくれるのか?

 

%ef%bd%88%ef%bd%88%ef%bd%88審判の笛の合図とともに試合開始。
シェルター(相手の雪玉から避難するための壁)から相手を狙う高谷 直樹。

 

%ef%bd%99「球をくれ!球をくれ!」と叫びながら、
最前列のシェルター(相手の雪玉から避難するための壁)に隠れ、フラッグを狙う越川 直孝。

 

%ef%bd%82「2 番狙え!2番!」補欠メンバーから選手たちに檄(げき)が飛ぶ。

 

%ef%bd%94%ef%bd%94客席からも歓声が飛び交う。

 

果たして、「特攻野郎 WE」チームの結果は!?

 

 

 

%ef%bd%96%ef%bd%96何だよ、もう!」と悔しがる「特攻野郎 WE」チーム監督の丹野 諒祐(笑)

 

試合結果は、何とか1セットは奪取したものの、2対1で敗戦。
実力者揃いが集うハイレベルな大会で、やはり初出場チームの1勝の壁は厳しかった

 

本大会は、国内におけるスポーツ雪合戦競技を統括する全国組織として、
幅広くその競技力の向上と普及を目指しスポーツ雪合戦日本一を決める大会として開催する。
参加資格は、小学生以上の健康な方で、性別、国籍を問わない。

 

( 参考)一般社団法人 日本雪合戦連盟  公式サイト

 

 

結論!

「スポーツ競技『雪合戦大会』の実態とは…!?」実際に突入してみた結果、

メディア劇団「WE ARE THE!」のメンバーは

『頑張れば1セットは奪取できるが1勝は難しい!』ことが分かりました()

 

次回チャレンジも乞うご期待ください!

 

大会情報はこちら↓↓

「第 16 回宮城県雪合戦大会」
日時:2017 年2月4日(土)、5日(日)
会場:加美町小野田西部スポーツ公園
住所:〒981-4374 宮城県加美郡加美町字上野目薬師堂 21 主催:宮城県雪合戦連盟
交通アクセス:東北自動車道 大衡より車で約 30 分駐車場:あり
公式サイト:
http://ameblo.jp/miyagi-yukigassen-renmei/

活動報告

REPORT
WE Social Web